« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月10日 (火)

希望をありがとう!

新年あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします!!


今年は、希望や未来が少しでも目に見えてくるような年になってほしいなぁって思っています。
そして、昨日成人式に出席した若者や、これから大人になっていく子供達の将来が少しでも明るくなっていく為に、私はこれから先何をしていったらいいんだろう?って考えたりします。


昨年起きた震災、津波、原発、それにともなう不況と、さらに何年か前から続く円高と政治不安で、日本がこんなにも弱ってくると不思議と自分の中にある「一種のナショナリズム」がムクムク沸き上がってきて、今までのような「韓国びいき」な感覚がなくなってきてる自分がいます。
あのパナソニックが、あのトヨタが・・・どんどんどんどん韓国製品に負け、片隅に追いやられていくこの現実は面白くないです・・・。
で、友人が昨年の12月「イ・スンギ」のファンミで韓国に行ったので、ファンミの感想を聞こうと思って「どうだった?」って軽く聞いたら「なんかさ~メチャクチャIT大国になってたよ!すごいの~韓国。日本はもう追いつけないかも?!」って・・・。そんなことを聞くために「どうだった?」って聞いた自分じゃないんだけど、その話を聞いた瞬間、私の中の「日本」が、どんどん自信喪失していきました。
やっぱもう取り残されていくだけの日本なのかしら?なんてマジで考えたり・・・。
でも、なんでそこまで考えちゃうんだろう?とか・・・。もしかしたら、ちょっと「ウツ」なのかもしれないって思ったりもしてました。

そうそ・・・「ひまわり」もあんまし意味が無かったみたいだし、とってもがっかりでした。

もう一度頑張らなくっちゃいけないよね!日本!
自分たちで立ち上がっていく「力」は絶対あるはずだから、良い意味で、お隣韓国とも競い合って、よりよい方向に進んで行くように努力しなくっちゃいけないよね~って思ってます。

でもね、
だからといって「韓国俳優、時々歌手(笑)のイ・ビョンホン」を嫌いになったりはしないし、想いは人種の垣根を越えて宇宙規模で永遠だから、(←意味通じる?笑)好きな気持ちには変わりませんよ!
ただね、以前よりは「ビョンホンの国はすべてOK」的な感覚からは少し目が覚めたような気がします。

ビョンホンが以前インタビューで、小さい時見ていた「鉄腕アトム」が「日本産のアニメ」だって聞いて、なんかがっかりして、複雑な思いがよぎった・・・。みたいなことを言ってたけど、彼の愛国心からすると、それは正しい答えなわけで、今の自分なら、その感覚が少しは理解できるかなぁって思います。







ところで、昨年見たビョンホンのオンステージはとっても良かった!
今まで見たファンミの中で、私は一番好きだったなぁ。
ビョンホンはどんなことがあっても私たち日本のファンに寄り添ってくれているんだな~って感じたし、あのニューオリンズのショートムービーにしてもそうだけど、今回のファンイベントは彼は彼なりに色々考えて私たちをさりげなく励ましてくれたんだと思うし・・・。私たちは私達でビョンホンを喜ばせたいって思ったし。
その気持ちが通じたのか、東京ファイナルは、ほんと、心に残る素晴らしいものになったと感じたんだよね~。
4万5千人の派手なウェーブとはまた違った、思いやる気持ちが会場全体に広がって、なんていうか、とっても幸せな気持ちになりました。

ビョンホン氏、ほんとうに心から私達ファンを支えてくれて、ありがとうね!!


先日地元の新聞を読んでいたら、ある書道展で「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出の春の日」って書いた学生さんがいて、胸が詰ったって書いてました。
ほんとうにこの歌詞は心に残ります。
上を向いて歩こう


そして、ビョンホンが言うように、自分の弱さに負けない心をもって今年も頑張って行こうと思いました。

360から240に変更しないと、♪~♪ は出ないようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »