« 希望をありがとう! | トップページ | 赤いと言えば・・・ »

2012年3月 4日 (日)

告られるのはいいけど、告げられるのは嫌かも!

お久しぶりです~♪

パソコンが重くて動かなくなっていましたが、無駄な贅肉を捨てたら、サクサクになりました~♪(笑)
でも大丈夫ですよ!無駄な肉の中にイ・ビョンホンはいませんからね~!


あっという間に3月になりましたね・・・。
早いって言ったらいいのか、遅いって言ったらいいのか、人それぞれで感覚は違うと思いますが、未だに解決できてないことが山積で、なんとかならないものかと気持ちだけが焦ってきます。
私ができることは、これからも「継続して被災地の商品を買う!」ということと、「できるだけ意識して日本の商品を買う!」と言うことでしょうかね・・・。

で、自分の年齢が非常に微妙。
老人でもないし、かといって全然若者でもないし・・・。
我慢しようと思えば全てが我慢できちゃうしお年頃・・・。
何が何でも!ってガムシャラに突進できない反面、じっとしてられなくて、じたばたしてます。(苦笑)

今思えば、高度成長時代とともに成長し、バブル時代の頃に盛大な結婚式を挙げ、まさかこんなにも衰退した時代が訪れるなんて、夢にも思っていなかった・・・っていうのが本音です。
誰もがかっこつけて「ダブルインカムノーキッズ」とか「3高」とか言ってたあの頃・・・。いったいあの時代は何だったんでしょうね?!
でもね、なんだかんだって言ってもバブルの時代は楽しかったんですよね・・・(苦笑)

考えを変えれば、楽しかったって思える時代があるだけでも幸せかも知れないし、今も個人的には不幸じゃないけど、全てに不安感だけが残った感じですが、もう一方で、何の根拠もなく「何とかなるかも知れない」とか、相変わらずバブルの癖がムクムク起きだしてきます。ダメですね・・・(苦笑)




ところで・・・
「最近、海外に移住する30代の世帯が急増してます・・・」ってニュースを見ました。


結局は「日本に希望がもてないし、自分の仕事や将来が現日本では発揮できないから」っていうのが一番の理由のようですが、高齢化もあるし、国の財源問題もあるし、終息に向かわない原発問題や、今後来るかも知れない大地震の予測研究などが追い打ちをかけてましたね。
不安材料ばかりで、楽しくなるような未来が全然見えてこない現実の中で、お子さんを育てていらっしゃる方は本当に大変だと思います。海外に移住される方も一つの選択肢なわけですが、後々子孫が全てを継承していくわけですから、最良の判断で、ご家族も自分自身もより良い環境で生活を守り抜き、是非繁栄していって下さい!って思いました。
そして、いつかはその方達が日本に帰りたいって思えるような国になっていることを期待してます!


余談ですけど、韓国が軍事政権下の頃に、財閥系の方々や富裕層の方々、新天地に自由を求めていた方々が国を離れ米国に移住されたと、何かの記事で読んだような気がします。それが今では韓国に帰ってこられる方もいるとか・・・。今の韓国はものすごい発展ですもんね。


日本も良い方向に進んでくれることを期待してます!


そうそう!本題です!
最近「八百屋のお告げ」っていう舞台を見ました!
グループる・ばる『八百屋のお告げ』

------------------------------------------------------------------
予言が当たると大評判の八百屋さんが、ある朝、言いにくそうにこう言った。

「今夜の夜中の12時までに、あなた、その、つまり、死にます」

さあ、大変。
やり残したことは?
会っておくべき人は?
人生の宝物っていったい何?
学生時代からの女友達や、たまたま居合わせた男たちを巻き込んでの大騒動。

あなたなら、最後の一日をどう過ごしますか?

------------------------------------------------------------------

関連ニュースより抜粋します。
舞台:「八百屋のお告げ」の松金よね子ら、被災地から元気もらい

松金よね子、岡本麗、田岡美也子の3人で作る演劇ユニット「グループる・ばる」が20周年記念公演として舞台「八百屋のお告げ」(鈴木聡作、鈴木裕美演出)を各地で上演している。松金は「普通の日常がどれほど幸せか感じていただける芝居」と思いを込める。


熟年離婚した多佳子(松金)は、親友真知子(田岡)に「近所の八百屋さんから今夜12時に死ぬと言われた」と打ち明ける。そこへ恋人を亡くした邦江(岡本)もやってくる。
命のタイムリミットを宣告された人間が戸惑う姿をコミカルに描き、2006年の初演時に好評だった。
昨年の3・11を経ての再演の意義を「家族や人との絆の大切さ、今生きていることの幸せを、心から感じた人も多いと思う。登場人物の一人一人が、生と死について考える一日。そんな芝居です」と松金。
再演にあたっては、登場人物の背景を細かく設定した。「セリフの言い方、聞き方が初演とは全く違ってきた。作品に流れる空気が濃密になり、よりリアリティーのあるコメディーになった」

“限りある命”をテーマにした芝居だけに、東北での上演に不安がなかったわけではない。「(福島県の)須賀川、いわき、福島、会津で公演しましたが、私たちが元気づけられてしまうほどの、熱い思いで見てくださっています。ずっと芝居をやってきて、こんな気持ちは初めてかも。元気で芝居ができる幸せをかみしめています」


ここで挿入歌!
今は亡きパバロッティーと私が好きなカレーラス!そしてドミンゴのフニクリフニクラ~♪

Funiculi, Funiculá - 3 Tenores

------------------------------------------------------------------

知り合いと三人で観に行ったのですが、非常に興味深い演目でした。
以前からこのグループを見ている知人は「片付けたい女たち」が非常に面白かったので、「今回も絶対いけるはずだよ~♪」って、言ってくれていたのでかなり期待してました!
そしたら、ほんと面白い!面白いっていうより、なんか身につまされ過ぎちゃって・・・ところどころホロリとさせられたりして、普段と変わらないということがいかに幸せなのかと今この時だからこそ感じました。

でも、現実にお告げなんて冗談じゃないよね!!
八百屋のオヤジに言われるなんて冗談じゃない!!
冗談じゃないけど、言われたら悲しいほど悩んでしまうだろうなぁ・・・。
それにその時があんまし良い環境じゃなかったら、間違いなく落ちこんでいくんだろうなぁ・・・って。

悲しいほどリアルで、肝に銘じました。

死ぬのは怖いし、ひとりぽっちも怖い・・・。
今「オセロの中島さん」のような話しもあるし、みなさん、変な占い師には気をつけなくっちゃね!

そういう私も独身の頃かなり色んな占いに左右されていたなぁ^~^;;;(苦笑)
雑紙に占いがついてると真剣に読んだりしてた。
何か漠然と不安で、誰かにすがりたくなったり、一つ歯車が狂うとなかなか軌道修正に時間がかかったり、ともかく負の連鎖でドンドン悪い方向に進んでいったりして・・・。「ちぇ!全くついてないじゃん!」ってね(苦笑)

で、私が人生で初めて霊感商法に落ちたのは、「印鑑の訪問販売」に引っかかったこと・・・。
ううゥ・・・。ほんと忘れたいような過去だわ!(あのOL時代・・・なんだか恋愛で悩んでました!でも大丈夫!その後は何にも引っかかってないからね~笑)


当時4本セットくらいで10万円だったかな?(苦笑)

まあね、霊感商法で手に入れた商品といっても、印鑑は立派だったから、今では「実印」としてしっかり使わせてもらってます。まぁ災いが転じて福となしてるかもしれません!(←前向き)


結婚してからは仕事と家事が忙しくて、雑紙なんて読む時間がなくなり、いつの間にか買わなくなりました。(現在買う雑紙は、ビョンホンが出ているモノだけ~笑)それに、占いも全く興味がなくなりました。
今は誰の「お告げ」にも左右されませんが、独身の頃言われたことはずっと頭の片隅に残っています。
今でも覚えているの文言は・・・


良いこと
「あなたは晩年は幸せになれるでしょう!」
「洋服には不自由しないでしょう!」
「富豪にはなれないけど、お金には不自由しないでしょう!」


悪いこと
「健康にはめぐまれないでしょう」
「家族の縁が薄いでしょう」
「(私の名前の画数が17)7画がつく人は、人に左右されやすい!自分の波長の合う人とは絶対結婚しない方がよいでしょう!なぜならば、良いことも悪いことも2倍で波が大きく、波瀾万丈になりすぎて危険です!」でした・・・(!)
画数一覧表と画数の吉凶診断


この「お告げ」を守って、゜▽゜;(笑)自分の波長と合わないダンナと結婚したわけですが、そのせいか、結婚してからの方が「心穏やか」に過ごしてます・・・。
という風に、全てを良い方向に考えられるようになりました。
これはひとえに加齢によるものと思ってますが、やはりお告げを守ったせいなのでしょうかね?!(笑)



話変わりますが、ビョンホンが「告くる人はどんな女性かな?」

是非、ドラマチックな人生を歩み続けて下さいませね~♪


|

« 希望をありがとう! | トップページ | 赤いと言えば・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148888/44366587

この記事へのトラックバック一覧です: 告られるのはいいけど、告げられるのは嫌かも!:

« 希望をありがとう! | トップページ | 赤いと言えば・・・ »